借り換えローンおすすめランキング

カードローン、キャッシングのスペックや人気度から借り換えにおすすめのローンを紹介

借り換えも前向きなトライ

先日も銀行二社の借り換えをし、支払いを一本化しました。

月の支払いも半分に減り、だいぶ楽になり、年間百万円の支払いが減りました。

ボーナス払いを無くし毎月均等にし楽になりました。

支払いと利息が増えることが嫌で、ここまで頑張りましたが、今のままではこの先、とても無理そうで決意したのですが結果、良かったと考えています。

安易な借り換えは良いとは思いませんが、できるだけの努力の結果なので満足しています。

借り換えも前向きなトライでもあると思います。

二十五年の住宅ローン。

二十年払い続け残り五年で七年延長し十二年に延びましたが、今の生活を大事にすることを考えて前向きに捉えています。

状況が悪くなりすぐに借り換えるのでなく、あらゆる見直しと改善の果てに行き着いた借り換えはプラスの決断と言えると思います。

逆にマイナス部分は頑張る意識の低下の心配です。

どうしても気持ちが安心してしまい、これまでのように頑張ろうという意識が下がる懸念があることです。

楽をするためではなく、今を乗り切るための借り換えであったことをしっかりと踏まえ、油断なくこれからに繋げることが求められます。


借り換えというイメージ

リーマンショック以降、仕事が落ち込みました。四年間低迷を続け、今年更に悪化しました。

たまりかね銀行の借り換えローンを利用し仕事の減少に備えました。

利用できなければ危なかったと思うぐらいです。

今後も予断は許しませんが、大きな事前対策だったことは確かです。

借り換えというイメージが嫌で、これまで何度か銀行の方に勧められていましたが、断っていました。

今回はそんな場合ではないと判断しました。

結論ですが確かに新たに利息は付きました。

しかし支払いが楽になることは、同時に今の悪い状態で、しのげる状態にできたのです。

この精神的負担は雲泥の差です。

新たな利息が付いたとしても、毎月が成り立たなくなることに比べれば納得です。

新たな利息をプラスに繋げることなのです。

その分蓄えに回し改善に活かすことができれば活き金になるのです。

商売として利益が出せて蓄えられれば、プラスマイナスゼロとして考えられます。

借金がまたいくらに増えたと思うのではなく、貯金ができる体制になったと前向きに捉えることが大切ではないでしょうか。

今回はそれと銀行の担当の方が一生懸命な人で、そのことも不安な私の背中を押してくれました。

彼の元気が私を救ってくれました。



カードローン人気ランキング

中央リテール

中央リテールは借り換えおまとめローンや不動産担保ローンを取り扱う金融機関。月1回の返済にまとめて計画的に返済できます。審査まで最短2時間、融資まで最短1日。金利は10.95%~13.0%と上限金利が低く、限度額も最高500万円、返済期間が最長10年とおまとめローンに十分。複数社からの借り入れが多くて返済のメドが立たない方、返済日が多くて管理が大変な方におすすめ。

実質年率 10.95%~13.0% 限度額 最高500万円

中央リテール 公式サイトはこちら

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム。借り入れ可能かを事前に診断できる3秒診断ができるので、借り換えに使えるかすぐにチェック可能。来店不要で審査回答は最短30分。パート・バイトの方もご利用OKです。はじめての方限定で最大30日間金利0円キャンペーン中(9/30まで)。

実質年率 3.0%~18.0% 融資額 1万円~800万円

アコム 公式サイトはこちら

モビット

10秒で簡易審査結果表示(※10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)少ない入力項目で融資可能かすぐ分かる。WEB完結申込は電話連絡なし、郵送物なし。申し込みが簡単なのでまずは審査して金利をチェック。今借りているローンよりも金利が低ければ借り換えましょう。提携ATMも多いので返済も簡単です。

実質年率 3.0%~18.0% 限度額 800万円
※即日融資は、14:50までの振込手続完了が必要です。また、審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

モビット 公式サイトはこちら