借り換えローンおすすめランキング

カードローン、キャッシングのスペックや人気度から借り換えにおすすめのローンを紹介


カードローンを借り換えるには、まず金利や限度額、返済方法などをチェックして返済負担が少なくなるサービスを探しましょう。
銀行系ローンなら総量規制の対象外で年収の1/3制限がなく、大きな金額の借り換えも可能です。当サイトでは各サービスの内容や人気度から借り換えにおすすめのローンを紹介しています。

絞り込み検索
 

借り換えをする際は、借り換え前と借り換え後でどのくらい負担が減るのか必ずシミュレーションをしましょう。

例えば金利が引き下がっても、返済回数が少なくなると毎月の返済額が大きくなってしまい、逆に返済が困難になる場合もあります。

借り換えする場合は、まず借り換えの目的(総負担額を減らすのか、毎月の負担額を減らすのか、など)をはっきりしておいて、それに沿ったプランを検討することが大切です。

借り換えのシミュレーションは下記のようなサイトで手軽に出来ますので参考にしてください。


あらたに借り換えカードローンを利用するというときには、カードローン用のカードが発行されることになります。
カードの発行に関する流れは、一般的なカードローンと大きく変わるということはありません。
借り換え先が消費者金融系である場合には、カードを発行する専用の機械がありますから、そこからカードを発行すればその場で借り入れを行うこともできます。
また、銀行系の金融機関ですと、発行されたカードが郵送によって自宅まで届けられるという場合が多くなっています。
返済の都合などからできるだけ早くカードを使いたいというときには、あらかじめその旨について、金融機関に相談しておくようにしましょう。

通常は、金融機関の窓口やインターネット上から申し込みをして借り換えの審査が完了し、必要な手続きが済めば、その場でカードが発行されます。
金融機関によっては、あらたに専用のカードを発行するのではなく、申請者がすでに使用しているカードをそのまま使用することができるといったように、利用する側にとってやさしいシステムになっているところもあります。
自分が申請しようとしている借り換えローンはどのような形式になっているのかも、確認しておくことが大切です。

いずれの場合においても、まずは発行されたカードを使用して、これまでのローンを一括返済します。
それから、あらたな借り換えローンが始まるということになります。
返済については個人で一括返済する場合、直接カードローン会社が返済する場合があります。

複数のリボ払いを1つの銀行カードローンにまとめることができれば、返済を1本化出来るだけでなく、利率も低いので元金も減らしやすいというメリットがあります。 なお、銀行のカードローンの返済方法は残高スライド方式に一本化されています。これは、残高が多いほど1回辺りの返済額が増え、残高が減っていくと、返済額も減少するというものです。上記のリボ払いと比較すると、残高が多い場合、返済額が大きくなりますが、借金を減らしていくためには合理的な仕組みといえます。

出典:借金一本化で返済おまとめローンランキング【メリットや審査内容は?】

カードローンの返済は多くの場合、残高スライド方式となっているので、借り入れ残高が少なくなってきたら、一括して返済するようにしましょう。そうしないと、長い間、少しずつ金利が発生してしまいます。いつまでたっても返済が終わらないので、返済するお金が用意できたら一気に返済してしまうほうがおすすめです。